初心者でも利益が出しやすい株式投資IPOをはじめよう!

今回は初心者でも利益を出しやすい
”IPO”についてまとめていきたいと思います♪

IPOは新規公開株でこれから取引所に上場される為、比較的に割安で株を購入出来ることから、
大きな利益を得られる可能性が高いとされ、投資家の間でも注目されています。

初心者のかたでも利益を出しやすい為
・株式投資ってなんだか難しい
・会社分析に時間がかかる
・会社が選定出来ず投資先に迷う
・出来るだけ確実に利益を狙いたい

SEIKO
SEIKO

こんな方にもオススメだよ!

VUITTON
VUITTON

そんなに高確率で利益が狙えるの?

HARRY
HARRY

僕もあたり大好き!ワクワクするもーん

SEIKO
SEIKO

とは言っても、しっかり仕組みと、メリット・デメリットを理解して投資する必要があるよ

今回はIPOの仕組み、メリットやデメリットも含め
分かりやすく説明していくので是非最後まで読んで参考にしてください。

目次

IPOとは

IPOとは、
Initial(イニシャル)=最初の
Public(パブリック)=公開の
Offering(オファリング)=募集・提供
の略になります。
未上場企業が、証券取引所に上場し株式を公開することで、投資家から資金調達することをIPOと言います。
IPO株の取得権利は抽選で行われ、上場日の始めに付く株価で株を売ることが可能です。
一般的に新規公開株は安い価格で購入出来る為、利益を獲得しやすく投資家にも人気です。そして企業にとっては上場することにより、直接金融市場から広く資金調達することが可能となり、また上場することで知名度が上がり、社会的な信用を高めることができるといったメリットがあります。

IPO投資の魅力って何?!

IPOは初値(上場後に初めて市場でついた価格)が公募価格(売り出し価格)を超えていることが多く、初値で売却することで、比較的に高確率で利益を獲得できることが1番の魅力になります。

もちろん100%ではありません。
しかし高確率な為、誰もが”手にしたい”と思うのですが、
IPOで売り出される株式枚数には限りがあります。
その為IPOは証券会社の抽選に当選した方のみ手にすることが出来るようになっています。

IPO件数 初値が公募価格を
上回った数
初値が公募価格を
下回った数
2019年 85件 76件 9件
2018年 90件 80件 10件
直近2年の数字をみてもかなり高確率と言えますが、
毎年8割前後で売却益が期待できるようです!
銘柄 公募価格(公開価格) 初値 騰落率
ランサーズ(4484) 730円 842円 15.34%(1.15倍)
ベース(4481) 4,700円 9,050円 92.55%(1.93倍)
ウィルズ(4482) 960円 4,535円 372.4%(4.72倍)

これは2019年、初値で売買した場合の勝率と利益のほんの一部ですが、IPO投資は初値で売買されることが多く利益が取りやすいとされています。

ここでIPO投資のメリットをまとめていきましょう。

①抽選に当たれば高確率で利益を得ることが出来る
②抽選で落選しても資金は戻ってくるのでリスクがない
③IPOは何度でも挑戦出来る
④株初心者でも安心
⑤上場日に成り行き注文をしておけるので、チャート分析出来なくても大丈夫
SEIKO
SEIKO

これならみんなも参加しやすいよね♪
ここで注意点も出しておきます!!

IPO株は高確率で利益が出ることから一般投資家にも人気で、公開株数にも制限がある為、抽選が行われます!

HARRY
HARRY

欲しい!欲しい!欲しい!

と思っても、抽選に当たらなければ手にすることはできません。

ここでIPOの注意点!!
①抽選に当たる確率が低いと感じる
IPO株は証券社ごとで抽選が行われますが、投資家への割り当ては各取引所の判断で行われます。IPO株自体も人気ですが、ここに人気株がくると当選確率はどんどん減ってきます。もちろん当たったことがない方もいらっしゃるでしょう。
後ほど解決策などもまとめていくので諦めないでくださいね♪
しかし、当選確率が高確率ではないと言うことも認識しておきましょう。

②まとまった資金が必要
IPOに当選した際、100株〜の購入で有れば、ある程度のまとまった資金が必要になります。公開価格が3,000円を超えてくると30万円以上必要になると言うことになります。目安として50万円ほど用意しておけば、たいていの銘柄を購入することが出来ます!

貯金を増やしたいと思ってる方などは、例え当選確率が低くても購入にはリスクがとても少ないのでオススメですね!
また宝くじよりも高確率で勉強になると考えると。。これはやらずにいられないですね!

IPOの流れを知ろう!

IPO株は取引所に上場する際に、一時的な株価として、公募価格(公開価格)と言うのが設定されます。
IPO株は、その企業の実力や、将来性などを含め価格が決められます!
ここでIPO公開・購入までの流れを説明しますね。

こういった流れで投資家の元に株が行き渡ります。
私たちがIPOを購入する際にはブックビルディングから参加します!
購入する際には必ず証券口座の開設が必要になります

そしてIPOはどこでも購入できるわけではありません・・・
IPOごとに幹事証券と呼ばれる担当の証券会社があるので覚えておきましょう
その取引所でしか抽選に参加することができません。

・主幹事
企業のIPOのサポートから一連の流れを行う中心の証券会社。主幹事はIPOの割当数が最も多い。
・引受幹事証券
IPOの引受け・販売を行う証券会社。
・委託幹事証券
幹事証券からIPOの販売を委託された証券会社
そしてこの幹事証券ごとに割当数が変わってくるのです。
取引所ごとに割当数がありますが、私たちは複数の取引所で抽選に参加することが可能です。

IPO参加方法

ではここから、抽選に応募する流れを把握していきましょう!
まず、IPOを購入するには、抽選に応募する必要があります。

証券口座を確認して、ブックビルディングに参加しよう

IPOスケジュールなどは情報サイトなどで確認できます
参考:株式情報サイト
その為、複数口座を持っていると抽選機会も多く、当選しやすくなるでしょう♪

応募するタイミングは

この”ブックビルディング”の部分です
ここではIPOを自分は『何円で何株購入したいか』を申告し抽選の参加意思表示を行います。
ここに参加しないとIPOの購入は不可能です。
私たちは予め仮決定で決まった値幅の中から金額・株数を選び申告すると言う流れになります。

こんな感じで、幹事証券から申し込んでくださいね!
申込期間は約5日間になります!忘れずにスケジュール確認して期間中に申し込んでくださいね!

資金を用意しましょう

ブックビルディングに参加する際にはIPOの抽選資金が必要になります!
必要金額を確認して証券口座に入金しておきましょう。

当選したらIPOの購入を忘れずに

ここは一番要注意するところなのでしっかり読んでくださいね!!!
IPOに当選したら『IPO株を購入する権利が取得できた』ということになります。
当選後は購入期間内に必ず購入手続きを済ませてください。

購入期間は長くないので要注意です。
また辞退したり、購入をわすれたり、当選しなかった場合資金はなくならないので心配不要です!
抽選に外れてもめげずに何度も応募してみましょう!

売却のタイミングは?

正直、売却のタイミングは、完全に自由です。
初値(上場後に初めてつく株価)売りされることが多いですが、もちろん長期保有も可能です。

長期保有する際には、しっかりと会社分析もする必要があります。
上場後、初値売りされる方は、成行注文することで、チャート分析ができない方でも利益を取りやすいです!

 


ということで、今回はIPOについてまとめましたが・・!!!
次回は!IPOに当選したーーーーーい!って方にオススメ!
投資家の裏技をまとめ大公開していきたいと思いますーー

SEIKO
SEIKO

お楽しみに!

VUITTON
VUITTON

それは見逃せない内容だね!

HARRY
HARRY

ハッ!!!!!!!

やばい!!!!

今まで寝てて何も聞いてない(⌓⍢⌓〣)

VUITTON
VUITTON

おいおいw

無料オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる