【主婦でもわかるカンタン株講座】株の基本!テクニカル分析編!ローソク足が全て教えてくれる

株式を購入する際に四季報などの会社情報だけでなく株価の動きから、予想を立てる事が可能です。

株価の動きを予想する際に参考材料として見られる代表的なものの1つが

『ロウソク足』といいます。

今回はこのロウソク足の種類や活用方法などを解説していきますね。


 

SEIKO
SEIKO

ロウソク足とは株価などの相場の値動きを時系列に沿って図表として表す手法の一つ。ローソクチャートとも言います。

VUITTON
VUITTON

今日はテクニカル編だね

HARRY
HARRY

僕でもわかるように説明してね

ロウソク足とは
単位期間を定め、単位期間中に初めに付いた値段を
始値(はじめね)、最後に付いた値段を終値(おわりね)、最も高い値段を高値(たかね)、最も安い値段を安値(やすね)とし、この四種の値段(四本値=よんほんね)をローソクと呼ばれる一本の棒状の図形に作図し、時系列に沿って並べて値段の変動をグラフとして表したものです。

始値とは、ある期間で最初についた価格のことをいいます

終値とはその日の取引終了時点の価格のことを言います

高値とは、ある期間の中で一番高い値段のことです

安値とは、ある期間の中で一番安い値段のことです。

陽線
始値600円ここから価格の動きの計測スタートし時間足の間で一番下がった時は安値590円、一番上った時は高値620円。最終終わる時は終値610円ということを表しています。
陰線
始値610ここから価格の動きの計測がスタート、一番上った時は620円の高値、一番下がった時は590円の安値。結果終わる時は終値600円と言うことを表しています。

ではここからロウソク足の種類や特徴など細かく説明していきますね!

実体の長さやヒゲの長さで、買いのタイミングや売りのタイミングを把握する事が出来るので参考にすると勝率が上がる期待も大!!!







このようにロウソク足だけで今後の動きが読みやすく、トレードする方は必ず活用します。

長期でトレードする方はロウソク足だけでなく、四季報などで会社情報なども把握することを

お勧めします!


 

HARRY
HARRY

僕はカラカサ好きー♪キャンディみたいー!

 

SEIKO
SEIKO

今回は基礎的なロウソク足の説明でした。

またロウソク足の組み合わせで見られる相場の予想もあるのでアップしますね!お楽しみに♪

 

VUITTON
VUITTON

いっぱい形があるんだねー!次も楽しみ♪

無料オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる