Pアンチエイジ—S高、スキンケアに特化した独自の歯髄幹細胞培養上清液を開発・実用化/プレイド—ストップ高、新規事業開発の立ち上げを支援する「PLAID Accel」の提供開始

お久しぶり✖︎10000000000000000000000です!

まだまだ忙しい中ですが、少しずつ空いてる日に更新していきたいと思います♪

目次

本日の日経平均&新興市場

せぃこ

底意識ラインまで下がってきましたね!なんとか耐えて反発したいところですね!

東証大引け 4日続落、31円安 売買代金は2兆円割れ

5日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落し、前週末比31円23銭(0.11%)安の2万7619円61銭で終えた。欧米の高インフレや金融引き締めで世界景気が一段と悪化するとの懸念が重荷となった。下げ幅は140円に迫った。半面、値ごろ感があるとみられた主力株の一部に買いが入り、指数を支えた。午後には日経平均が小幅な上昇に転じる場面があった。

前週末2日の米株安も嫌気された。2日発表の8月の米雇用統計は非農業部門の雇用者数の増加幅が市場予想並みで、失業率は小幅に上昇した。米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き締めペースが緩やかになることはないと市場は受け止めた。

欧州で天然ガスの供給不安が再燃し、インフレへの警戒が一段と強まったことも投資家心理に響き、東京市場では朝方に幅広い銘柄に売りが出た。

売りが一巡すると、日経平均は下げ幅を縮めた。前週に下げていたグロース(成長)株の一部に買いが入った。円安の進行で企業業績が上方修正されるとの期待も主力輸出株の下値を支えた。もっとも、5日の米市場が休みとあって、薄商いのなかで持ち高を一方向に傾ける動きは限られた。

東証株価指数(TOPIX)は4日続落した。終値は前週末比1.38ポイント(0.07%)安の1928.79だった。

東証プライムの売買代金は概算で1兆9985億円。2兆円を割り込み、4月18日以来の低水準となった。売買高は8億1192万株だった。東証プライムの値下がり銘柄数は1085と、全体の6割弱を占めた。値上がりは687、変わらずは65だった。

ホンダデンソーパナHDが下落。ファストリJR東海も売られた。一方、リクルートネクソンが上昇。日揮HD三菱重も買われた。

せぃこ

売買代金が少ない汗

新興株前引け マザーズ反発、プレイドやPアンチエイが上昇

5日午前の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は反発した。前引けは前週末比8.30ポイント(1.16%)高い726.33だった。このところ下げが続いていたことから、きょうは自律反発狙いの買いが入った。

市場では「グロース市場は内需依存型の情報・通信株が目立つ。海外景気が減速しても企業業績への影響が相対的に小さいとみる投資家の買いが入っている可能性もある」(ネット証券)との声が聞かれた。

朝方は軟調に推移した。米国の金融引き締めによる景気減速を警戒した2日の米株安が心理的な重荷となり、グロース銘柄にも売りが出た。

東証グロース市場ではプレイドPアンチエイが上昇した。一方、M&A総研サンウェルズは下落した。

本日の注目銘柄&監視銘柄

2022年09月05日09時21分

Pアンチエイジ—S高、スキンケアに特化した独自の歯髄幹細胞培養上清液を開発・実用化


大幅に続伸。子会社のプレミア・ウェルネスサイエンス(東京都港区)と東京大学による共同研究の成果の第1弾として、スキンケアに特化した独自の歯髄幹細胞培養上清液「ENGY ステムS」の開発・実用化に成功したと発表している。ENGY ステムSは他の幹細胞と比較して有用因子を多く放出できるヒト成人歯髄由来の幹細胞培養液で、プレミア・ウェルネスサイエンスが今秋ローンチする予定の新ブランドで実用化される見通し。


ハリマビステムが続急伸、9月末を基準日に1株を2株に株式分割

 ハリマビステム<9780>が続急伸している。前週末2日の取引終了後、9月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表したことが好感されている。投資単位当たりの金額を引き下げることでより投資しやすい環境を整え、投資家層の拡大を図ることが目的という。


プレイド—ストップ高、新規事業開発の立ち上げを支援する「PLAID Accel」の提供開始

<4165> プレイド 770 +100
ストップ高。新規事業開発の立ち上げを伴走支援する「PLAID Accel(プレイドアクセル)」の提供を開始したと発表している。プレイドが実践してきた事業開発ナレッジを活用し、新規事業開発をCX視点で支援するプロフェッショナルサービス。事業開発組織の「STUDIO ZERO」が手掛けており、同組織には企業での事業開発の現場をリードした実績を持つ事業開発のプロフェッショナルが集結しているという。

明日の監視銘柄

プレイド(4165)
トミタ電機(6898)
kaizen(4170)
クシム(2345)
などなど

●ストップ高の銘柄一覧

 銘柄名           現況 ニュース/主な株式テーマ
クルーズ <2138> [東証S]     
iSJSRI <2851> [東証E] 一時
フジックス <3600> [東証S]  一時
ディディエス <3782> [東証G]    <みんかぶ・個人投資家の予想から>=『買い予想数上昇』1位にディディエス
プレイド <4165> [東証G]      <みんかぶ・個人投資家の予想から>=『買い予想数上昇』4位にプレイド
カイゼン <4170> [東証G]     
ALPHA <4760> [東証S]    
日本色材 <4920> [東証S]     
Pアンチエイ <4934> [東証G]    歯髄幹細胞培養上清液の開発・実用化に成功
トミタ電機 <6898> [東証S]     前日もストップ高
光陽社 <7946> [東証S]    一時
タカセ <9087> [東証S]       前日もストップ高
ビステム <9780> [東証S]      9月末を基準日に1株を2株に株式分割
ソレキア <9867> [東証S]      前日もストップ高

以上、14銘柄

9月5日引け後に発表された決算・業績修正

 ◆【大幅】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   ファーマフーズ <2929> [東証P] 前期経常を8.6倍上方修正
   トーホー <8142> [東証P]    今期経常を70%上方修正、配当も10円増額

 ◆四半期(3ヵ月)【大幅増益】で着地した銘柄(サプライズ順)
   フジ・コーポレーション <7605> [東証P] 5-7月期(3Q)経常は38%増益、今期配当を5円増額修正
   日本ハウスホールディングス <1873> [東証P] 11-7月期(3Q累計)経常が3.1倍増益で着地・5-7月期も21%増益

明日の決算一覧

9月6日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算
 ■引け後発表
  ◆本決算:
   <2929> ファーマF [東P]  ★
  ◆第1四半期決算:
   <2438> アスカネット [東G]
   <7435> ナ・デックス [東S]
  ◆第2四半期決算:
   <6654> 不二電機 [東S]
   <6696> トラースOP [東G]
  ◆第3四半期決算:
   <2695> くら寿司 [東P]
  合計6社

オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる