仮想通貨関連銘柄のCAICA(2315)だけが下落相場で反転/DX化実現を推進する協業で村田製作所(6981)とACCESS(4813)共に上昇!!

この記事は私が毎日株式相場と向き合ってどのように取引をしているのかを解説している記事です!

毎朝9時〜15時までは相場と向き合って毎日いろんなニュースが出たりしていく中でどんなふうにトレードしているのか、毎日どんな銘柄をチェックしているのかを細かく書いています

サムネにもあるように毎日の利益や損失も赤裸々に書いているので気になった記事だけでもチェックしてください!

株初心者の方やこれから始める方にとって参考になれば嬉しいです(●´ー`●)

今週もお疲れ様です!

1週間本当早い!!

ただ1週間振り返れば、決算関連・仮想通貨関連めちゃくちゃ動きましたね!!

それでは本日の相場振り返って行きましょう!


目次

本日の収支

収支±0円

本日決済なしでございます!!永遠に眺めておりましたw


本日のポイント

①日経平均と全体的な空気感
②保有銘柄の動向
③無茶しない


本日の日経平均

東証大引け 3日続落 スピード調整の売り継続も3万円維持

19日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前日比218円17銭(0.72%)安の3万0017円92銭で終えた。週を通して3万円台を維持した。今週前半にかけて急ピッチで株価が上昇していたことから短期的な過熱感が意識されやすく、利益確定目的の売りが優勢だった。週末を前に持ち高整理の売りも出た。

前日の米株安の流れを引き継ぎ、朝方から売りが先行した。今週前半に日経平均は速いスピードで上昇しており、短期的な過熱感から目先の利益を確定する目的の売りが出た。2月月間でみれば、18日までで日経平均は9%上昇しており、市場からは下落はスピード調整の範囲との声が多く聞かれた。

日銀が上場投資信託(ETF)の買い入れを見送ったとの観測が午後の相場の重荷となり、下げ幅は400円に迫る場面もあった。ただ、18日も日銀はETFの購入を見送っており、19日も見送ると予想していた参加者も多かったようだ。午後、日本の10年物国債利回りが2年3カ月ぶりに節目の0.1%に上昇(債券価格は下落)したが、相場への反応は限られた。

新型コロナウイルスによる経済の落ち込みからの回復期待は続いた。先高観は崩れず、下値では買いも入り引けにかけては下げ渋った。東エレクアドテストなど半導体関連株の一角が上昇し相場を支えた。

JPX日経インデックス400も3日続落。終値は前日比122.57ポイント(0.70%)安の1万7464.14だった。東証株価指数(TOPIX)も3日続落し、12.96ポイント(0.67%)安の1928.95で終えた。

本日の監視銘柄

スノーピーク、今期経常は32%増で4期連続最高益更新へ
 スノーピーク <7816> が2月12日大引け後(15:30)に決算を発表。20年12月期の連結経常利益は前の期比61.2%増の15.5億円に伸び、21年12月期も前期比31.5%増の20.4億円に拡大を見込み、4期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。10期連続増収、4期連続増益になる。
 直近3ヵ月の実績である10-12月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比5.5倍の7.5億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の3.6%→13.1%に急改善した。

この下げ相場の中めちゃくちゃ強かったのがスノーピーク!

昨日形成した上髭も抜ける上昇の強さ!

ここには驚きの声しか聞こえてこなかったですね!


2月12日・大阪油化、10-12月期(1Q)経常は8.4倍増益・通期計画を超過
 大阪油化工業 <4124> [JQ] が2月12日大引け後(15:00)に決算を発表。21年9月期第1四半期(10-12月)の連結経常利益は前年同期比8.4倍の8400万円に急拡大し、通期計画の1400万円に対する進捗率が600.0%とすでに上回り、さらに3年平均の12.6%も超えた。

決算後、ストップ高になり、上昇してはいたが、昨日の陰線から一気に上昇というよりは、後場からいきなり急騰!!

半導体銘柄として資金が流れている可能性もあるが、一気に上昇し一時は➕400円まで登った

この地合いの中でこれだけの上昇なので来週もみたい銘柄の一つですね

その他・
レーザーテック
RSテクノなどもあげました


仮想通貨関連ではCAICAが反発し上昇

➕11円と20%の上昇をみせた

が・・・そのほかの銘柄は軒並み下落方向

ビットコインの高値警戒と共に、日経の下げが不安を煽り利確売りも増えただろう。

週末の仮想通貨の動きにも注目したいとこですね!


ACCESSは大幅反発、村田製と幅広い業界のDX化を推進するソリューション開発で協業

ACCESS<4813>は大幅反発している。午前9時30分ごろ、村田製作所<6981>と幅広い業界におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を推進するソリューションの開発及び市場展開を目指して協業すると発表しており、これが好感されている。

今回の協業では、村田製の製造業におけるノウハウとACCESSのDX・IoT分野におけるコンサルティング及びソフトウェア開発力を融合し、現場主導型の改善活動を後押しするものづくり支援ツール「JIGlet(ジグレット)」を共同開発し、両社の国内販路を通じて提供を開始した。JIGletは、作業ランプの点灯・消灯を検知する「照度デバイス」、ボタンを押して数をカウントする「ボタンデバイス」、任意の作業時に操作して時間を記録する「サイコロデバイス」の3種類のデータ通信SIM内蔵センサーデバイスがあり、指1本で操作可能なデータ収集と可視化用画面、通知用チャットアプリから構成される。これらを用途により組み合わせて使うことで、ITの知識がない製造現場の担当者でも、簡単に設備や人の状態を記録・蓄積して工程のばらつきやムダをグラフで見える化でき、さまざまな改善活動や課題解決に活用可能としている。

ここはチャートを見ても来週も見て行きたいところですね!


2月22日月曜日の監視銘柄

スノーピーク7816
ACCESS4813
大阪油化工業4124
スマレジ4431
KADOKAWA9468
Eストアー4304
アクシージア4936

などなど

本日のストップ高銘柄

ベクター <2656> [JQ]       <みんかぶ・個人投資家の予想から>=『買い予想数上昇』4位にベクター

GW <3936> [東証M]     一時 前日もストップ高

大阪油化 <4124> [JQ]    一時

SDSバイオ <4952> [東証2] 一時 水稲用除草剤『ベンゾビシクロン』が米アーカンソー州で販売開始

日東精 <5957>         配分 医療用生体内溶解性高純度マグネシウムの開発に成功

INC <7078> [東証M]    配分 取引時間内に商い成立せず、8800株の買い注文を残す

以上、6銘柄

2月19日引け後に発表された決算・業績修正

 ◆今期【最高益】を予想する銘柄(サプライズ順)
   ラックランド <9612>      今期経常は黒字浮上で5期ぶり最高益更新へ

 ◆今期【黒字浮上】を予想する銘柄(サプライズ順)
   AOI TYO Holdings <3975> 今期経常は黒字浮上へ
   セーラー万年筆 <7992> [東証2] 今期経常は黒字浮上へ
   フジオフードグループ本社 <2752今期最終は黒字浮上へ

 ◆【最高益】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   西松屋チェーン <7545>     今期経常を14%上方修正・14期ぶり最高益更新へ

 ◆配当増額した銘柄(サプライズ順)
   ナフコ <2790> [JQ]      今期配当を7円増額修正

2月22日月曜日の決算一覧

2月22日の決算発表銘柄(予定)
 ■引け後発表
  ◆第2四半期決算:
   <2391> プラネット [JQ]
  合計1社

無料オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる