コックス(9876)急伸、第1四半期の収益改善幅がポジティブサプライズ/ヘッドウォはS高、大成建の「LifeCycleOS」パートナーに認定

引け乙ですーーーーᕦ(・ㅂ・)ᕤ

今日は頑張って最後まで書くぞーーーー!現在23時30分・・・・

もう眠いよねー!

頑張ります!

目次

本日の収支

収支+132,587円

せぃこ

シンワワイズ・わらしべや・EDP・スパイダープラス利確!ブイキューブ損切り/一部持ち越し

本日のポイント

①無理に追わず決済して上昇強くなってから再度IN
②全体的な流れを相対的にみて、強いところに絞ったトレード

本日の日経平均&新興市場

東証大引け 反発、先物主導で上げ幅拡大 石油や海運は下落

7日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比382円88銭(1.47%)高の2万6490円53銭で終えた。前日に公表された6月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の内容が一段の金融引き締めに積極的な内容ではなく、投資家の安心感につながった。米株価指数先物が日本時間7日の取引で上昇すると、日経平均先物にも短期筋の買いが入り、指数を押し上げた。日経平均の上げ幅は400円を超える場面があった。

米連邦準備理事会(FRB)が6日に公表したFOMC要旨は、パウエル議長のこれまでの発言におおむね沿った内容だった。市場の警戒が和らぎ、同日の米株式相場が上昇した。東京市場でも朝方から買いが先行した

このところ下げの目立っていた半導体関連に買いが入った。米景気の悪化が懸念されるなか、医薬や通信、食品といったディフェンシブ株が物色された。前日に好決算を発表したイオンは大幅高だった。

半面、鉄道や百貨店の下げが目立った。政府が7月前半に予定していた旅行支援策「県民割」の全国拡大を延期する調整に入ったと伝わり、経済再開への期待から買われていた銘柄に売りが出た。国際商品の価格が下がる中で、石油や海運なども下落した。

東証株価指数(TOPIX)は反発した。終値は前日比26.36ポイント(1.42%)高の1882.33だった。

東証プライムの売買代金は概算で2兆9922億円。売買高は12億7895万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1380と、全体の75%を占めた。値下がりは403、変わらずは55だった。

東エレクファナックリクルートが上昇した。KDDIやトヨタキッコマン塩野義も高かった。一方、三越伊勢丹JR東海郵船ENEOSが下落した。

新興株7日 マザーズが4日ぶり反落 米金利上昇が重荷

7日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は4営業日ぶりに反落した。終値は前日比6.29ポイント(0.93%)安い673.43だった。世界景気の後退懸念が引き続き投資家心理の重荷となった。マザーズ指数は前日までの3営業日で5%超上昇していたため、主力銘柄に戻り待ちの売りや利益確定売りが出やすかった。

松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリストは、米長期金利の上昇を受け「東京市場のグロース(成長)株の上値が重くなった」とみていた。

東証グロース市場では、フリービジョナルJTOWERが下落。一方、アンジェスBASEスマレジが上昇した。

本日の監視銘柄&注目銘柄

ヘッドウォはS高、大成建の「LifeCycleOS」パートナーに認定

 ヘッドウォータース<4011>がストップ高。6日の取引終了後、大成建設<1801>が提供する「LifeCycleOS」パートナーに認定されたと発表しており、これが好材料視されている。

 LifeCycleOSは、BIM(建物の形状データに属性データを付加したデータ)とIoTを融合し、さまざまな建物ユーザーに求める情報サービスを建物のライフサイクルにわたって提供する大成建設の建物プラットフォーム。これまでも協業してきた東京エレクトロン デバイス<2760>とともに「LifeCycleOS」のパートナーに認定され、大成建の建設DXとデジタルツインを推進するという。


わらべ日洋(2918)ストップ高、第1四半期は想定外の大幅増益に

わらべ日洋<2918>はストップ高。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は16.9億円で前年同期比25.0%増益となっている。上半期計画26億円、同18.6%減は据え置いているものの、進捗率は65%に達するなど、想定以上の好進捗と捉えられている。原材料価格やエネルギー価格上昇の影響などが警戒されていたが、売上回復や商品規格見直しの効果などが顕在化しているようだ。業績上振れ期待を反映する動きに。


コックス(9876)急伸、第1四半期の収益改善幅がポジティブサプライズ

コックス<9876>は急伸。前日に発表した第1四半期決算がポジティブサプライズになっている。営業損益は3.1億円の黒字に転じ、前年同期比6.7億円の損益改善に。据え置きの通期計画0.1億円(前期比8.8億円の損益改善)を大きく上回る水準となった。既存店売上高が前年同期比37%増と大幅に伸長したほか、割引施策の見直しなどで粗利益率も改善した。



明日の監視銘柄

SHINWAWISE(2437)
EDP(7794)
コックス(9876)

その他掲示板にて配信中!

●ストップ高の銘柄一覧

 銘柄名           現況 ニュース/主な株式テーマ
わらべ日洋 <2918> [東証P]     <みんかぶ・個人投資家の予想から>=『買い予想数上昇』2位にわらべ日洋
アエリア <3758> [東証S]   一時
ヘッドウォ <4011> [東証G]     大成建の建設DXとデジタルツイン推進
スパイダー <4192> [東証G]  一時 前日もストップ高
サスメド <4263> [東証G]   一時 人工知能関連
クリングル <4884> [東証G]  一時
FDK <6955> [東証S]    一時 全固体電池関連
ムラキ <7477> [東証S]      
光陽社 <7946> [東証S]      
コックス <9876> [東証S]   一時 <みんかぶ・個人投資家の予想から>=『買い予想数上昇』1位にコックス

以上、10銘柄

7月7日引け後に発表された決算・業績修正

 ◆今期【最高益】を予想する銘柄(サプライズ順)
   ドーン <2303> [東証S]     今期経常は9%増で3期連続最高益、1円増配へ

 ◆第1四半期【上期計画】を超過した銘柄(サプライズ順)
   オンワードホールディングス <8016> [東証P] 3-5月期(1Q)経常は34%増益・上期計画を超過

 ◆四半期(3ヵ月)【大幅増益】で着地した銘柄(サプライズ順)
   SHIFT <3697> [東証P]   9-5月期(3Q累計)経常が82%増益で着地・3-5月期も22%増益

 ◆四半期累計【大幅増益】で着地した銘柄(サプライズ順)
   大阪有機化学工業 <4187> [東証P] 上期経常は一転14%増益で上振れ着地、今期配当を1円増額修正
   クリーク・アンド・リバー社 <4763> [東証P] 3-5月期(1Q)経常は36%増益で着地

 ◆四半期累計【黒字浮上】で着地した銘柄(サプライズ順)
   MS&Consulting <6555> [東証S] 3-5月期(1Q)最終は黒字浮上で着地

明日の決算一覧


7月8日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算
 ■引け後発表
  ◆本決算:
   <1430> 1stコーポ [東P]
   <2796> ファマライズ [東P]
   <4735> 京進 [東S]
   <7673> ダイコー通産 [東S]
   <7921> 宝&CO [東P]
  ◆第1四半期決算:
   <2668> タビオ [東S]
   <2685> アダストリア [東P]
   <2747> 北雄ラッキー [東S]
   <3063> Jグループ [東G]
   <3280> エストラスト [東S]
   <5271> トーヨアサノ [東S]
   <5900> ダイケン [東S]
   <5982> マルゼン [東S]
   <6093> エスクロAJ [東P]
   <6312> フロイント [東S]
   <6506> 安川電 [東P]    ★
   <7975> リヒトラブ [東S]
   <8125> ワキタ [東P]
   <8194> ライフコーポ [東P]
   <8931> 和田興産 [東S]
   <9661> 歌舞伎 [東S]
   <9835> ジュンテン [東S]
   <9974> ベルク [東P]
  ◆第2四半期決算:
   <2408> KG情報 [東S]
   <3454> Fブラザーズ [東P]
   <4992> 北興化 [東S]
   <5942> フイルコン [東S]
   <6492> 岡野バ [東S]
   <9313> 丸八倉 [東S]
   <9717> ジャステック [東P]
  ◆第3四半期決算:
   <3815> メディア工房 [東G]
   <4668> 明光ネット [東P]
   <7085> カーブスHD [東P]
   <7453> 良品計画 [東P]   ★
   <7730> マニー [東P]
   <8127> ヤマトインタ [東S]
  合計36社

オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる