バルミューダ(6612)が、21年12月期業績予想の上方修正とスマホ事業参入を好感でストップ高/フルッタフルッタ(2586)が急騰アサイーが新型コロナなどに起因する重症化抑制に効果と発表

引け乙です!

今日は日経平均大幅上昇で!!!

絶対取りやすかった一日だよね・・・・

そんな時に・・免許の更新に行って、打ち合わせ続きで何も出来ず悔しいです!!!でした・・・w

とにかく皆さん今週もお疲れ様でした♪

目次

本日の収支

収支0

せぃこ

今日はトレードする時間なかった・・泣
本日のポイントは飛ばしますね♪

本日の日経平均

日経平均14日大引け=4日ぶり反発、636円高の2万8084円

 14日の日経平均株価は前日比636.46円(2.32%)高の2万8084.47円と4日ぶり反発し取引を終了した。東証1部の値上がり銘柄数は1790、値下がりは347、変わらずは54と、値上がり銘柄の割合は80%を超えた。

 日経平均プラス寄与度トップはファストリ <9983>で、日経平均を97.59円押し上げ。次いで東エレク <8035>が75.98円、KDDI <9433>が33.27円、ファナック <6954>が24.31円、中外薬 <4519>が22.90円と続いた。

 マイナス寄与度は9.58円の押し下げでセコム <9735>がトップ。以下、住友不 <8830>が4.65円、カシオ <6952>が4.11円、住友鉱 <5713>が2.14円、王子HD <3861>が1.76円と並んだ。

 業種別では33業種中29業種が値上がり。1位は精密機器で、以下、その他金融、その他製品、陸運が続いた。値下がり上位にはパルプ・紙、鉄鋼、非鉄金属が並んだ。

本日の注目銘柄&監視銘柄

アライドアキ、今期経常を47%上方修正・最高益予想を上乗せ
 アライドアーキテクツ <6081> [東証M] が5月12日大引け後(16:00)に決算を発表。21年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比56倍の2.7億円に急拡大した。
 併せて、通期の同利益を従来予想の3.4億円→5億円(前期は2.3億円)に47.1%上方修正し、増益率が47.2%増→2.2倍に拡大し、従来の8期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。
 なお、1-6月期(上期)の業績見通しは引き続き開示しなかった。
 直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の1.5%→13.5%に急改善した。
「アイダ設計」がLetroStudioを導入開始
SaaSとデジタル人材で企業のマーケティングDXを支援するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:中村壮秀、証券コード:6081)は、このたび不動産業や建設業を主要事業として展開する株式会社アイダ設計(埼玉県さいたま市、代表取締役社長 會田貞光、以下アイダ設計)に対し、動画作成支援サービス「LetroStudio(レトロスタジオ)」の提供を開始しましたのでお知らせいたします。

やっぱりアライドアーキテクツは強かった!
GUスタートで下げて来たものの、昨日の終値で反発。引け間際でしっかり伸びて、日足で見ると下髭が長く押し上げが強いのが分かります!
新高値更新ですね!


フルッタ(2586)が急騰、アサイーが新型コロナなどに起因する重症化抑制に効果と発表

 フルッタフルッタ<2586>が急騰、50円高はストップ高となる248円まで買われている。きょう午前10時ごろ、カナダのトロント大学と実施した新型コロナウイルスなどに起因するNLRP3インフラマソーム誘発性炎症の重症化を抑制する効果の細胞実証実験に関し、アサイー原料がNLRP3誘発性炎症の悪化を抑制することが結論づけられたと発表しており、これが材料視されているようだ。

 NLRP3インフラマソームとは、タンパク質の複合体のこと。これがウイルスや細菌などの刺激物によって活性化すると、炎症の原因物質である炎症性サイトカインが細胞外へ放出され、発熱や感染局所での炎症反応が起こるとされる。同社では、今回の実証実験によってアサイーの造血機能性と共に購入動機につながる新たなエビデンスを獲得したとしており、今後アサイーの認知度向上にもつながると考えているという。

せぃこ

重症化抑制にアサイーや納豆などこれまで色々出ては、疑われていたが、等々来たーーー!フルッタフルッタ!過去にも稼がせていただきましたw
本日はストップ高!いやー凄い!
両親にアサイードリンク郵送しようかな!と思い立ったので、私と同じ思いの人が増えれば売り上げは・・・・・上昇ですね!月曜日も注目したい銘柄!


バルミューダ、今期経常を7%上方修正

 バルミューダ <6612> [東証M] が5月13日大引け後(15:00)に決算を発表。21年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は4.6億円となった。
 併せて、通期の同利益を従来予想の13.3億円→14.3億円(前期は12.5億円)に7.2%上方修正し、増益率が6.9%増→14.6%増に拡大する見通しとなった。
 なお、1-6月期(上期)の業績見通しは引き続き開示しなかった。

せぃこ

アライドアーキテクツに引き続き、決算に➕材料提示のバルミューダ!スマホ事業来たかーーーー!

バルミューダ(6612)が、21年12月期業績予想の上方修正とスマホ事業参入を好感でストップ高

 バルミューダ<6612>がストップ高の6790円水準でカイ気配となっている。13日の取引終了後、21年12月期の連結業績予想について、売上高を148億5700万円から181億円(前期比43.8%増)へ、営業利益を13億5000万円から14億5000万円(同10.1%増)へ、純利益を8億7800万円から9億3100万円(同11.6%増)へ上方修正したことが好感されている。

 前年に続く巣ごもり需要の影響などから、スチームトースターやオーブンレンジ、空気清浄機などの出荷が堅調に推移しているほか、復調傾向にある韓国への輸出環境の更なる改善などで海外向け出荷も増加が見込まれるという。なお、第1四半期(1~3月)決算は、前年同期に四半期決算を開示していないため比較はないが、売上高37億200万円、営業利益4億5400万円、純利益3億100万円だった。

 同時に、5Gスマートフォンの開発及び販売を行う携帯端末事業に参入すると発表しており、これも好材料視されている。同社はこれまで家電事業でデザインや機能性で差別化した製品を投入しており、スマホにおいてもこうした新機軸を打ち出せば勝機があるとの見方が強い。製造は京セラ<6971>に委託する方針で、21年11月以降に販売を開始する予定。21年12月期業績予想には売上高27億円を織り込んでいるとしている。

これはまだまだ期待上げがありそう!早めに乗っかりたいですね!
月曜日からも目を光らせよう!


月曜日の監視銘柄

せぃこ

ごめんなさい汗
まだ精査できてないので、本日は載せれません・・・・

後ほど更新します!


月曜日の決算一覧

後ほど更新します!

時間の関係上途中になりましたが、明日以降で更新しますね!!!
では今週もお疲れ様でした!

無料オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる