アクセルマーク(3624)ストップ高、電通、オルトプラスと共同で動画NFTトレーディングカード企画・開発/クリングル(4884)ストップ高、提携先が神経栄養性角膜炎対象の試験で投与開始、技術アクセスフィー受領へ

引け乙です!

今日も日経ヨコヨコのマザーズ上昇でした!

上昇銘柄は偏りもありましたが、今日は利益確定出来ました!

では振り返っていきましょう

目次

本日の収支

収支➕76,925円

せぃこ

フォースタ・アストマックス・プロルート利確・ギフティ・アウン損切り

本日のポイント

①寄り付き時上昇銘柄チェック
②下落に巻き込まれないよう損切りをしっかり

本日の日経平均&新興市場

東証大引け 小幅反発 半導体関連の上昇が支え

26日の東京株式市場で日経平均株価は小幅反発し、前日比17円49銭(0.06%)高の2万7742円29銭で終えた。半導体関連の一角などが上昇し、買いがやや優勢だった。ただ、国内経済の停滞感や、米国の重要イベントを前にした様子見ムードから積極的な売買を手控える投資家が多かった。前日の米株式相場の上昇を支えに朝方に100円程度上昇した後は上値余地が広がらなかった。

東エレクアドテストといった半導体関連の一角に買いが入り相場を支えた。空運や鉄道などには新型コロナウイルスのワクチン普及期待を先取りした買いも入った。軟調に推移した香港ハンセン指数や上海総合指数と比べると日経平均は底堅さも見られた。

米国では27日に経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)を控える。テーパリング(量的金融緩和の縮小)開始の時期などを見極めようとする投資家は多い。国内経済の停滞感が長期化するという懸念もあり、取引時間中は小幅安で推移する場面も目立った。午後に入ると相場は膠着感を強めた。

JPX日経インデックス400は1万7429.40と前日から横ばいだった。東証株価指数(TOPIX)は小幅に反落し、0.31ポイント(0.02%)安の1935.35で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆60億円と低調だった。売買高は8億6075万株と約1カ月半ぶりの低水準だった。東証1部の値上がり銘柄数は1260と、全体の約6割だった。値下がりは826、変わらずは103銘柄だった。

NTTデータキッコマンバンナムHDが上昇した。一方、ファナックリクルートソニーGセブン&アイが下落した。郵船も下げた。

新興株26日 マザーズ5日続伸、ジャスダック4日続伸 ITの一角に買い

26日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は5日続伸した。終値は前日比13.05ポイント(1.21%)高い1095.70だった。新興主力のIT(情報技術)関連銘柄の一角に買いが入ったほか、新型コロナウイルスのワクチンを開発するアンジェスなどの医薬品株が上昇した。

市場では「値ごろ感に着目した買いが続いた」(SBI証券の鈴木英之投資情報部長)との指摘があった。メルカリやすららネット日本電解が上昇した。半面、EnjinやPアンチエイインテMが下落した。

日経ジャスダック平均株価は4日続伸した。終値は前日比21円68銭(0.55%)高い3934円34銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で578億円、売買高は1億47万株だった。東映アニメアンビスHDマクドナルドが上昇した。半面、出前館ウエストHDワークマンは下落した。

本日の監視銘柄&注目銘柄

アクセルマーク(3624)ストップ高、電通、オルトプラスと共同で動画NFTトレーディングカード企画・開発

<3624> アクセルM 635 カ –
ストップ高買い気配。電通グループ<4324>の電通(東京都港区)、オルトプラス<3672>と共同で、アニメなど映像作品IPの動画をNFTトレーディングカードとして発行するサービスの企画・開発を推進すると発表している。作品ファンが様々な特典を得られるサービスを22年春までに提供する予定。また、未定としていた21年9月期の純損益予想を0.71億円の黒字(前期実績8.25億円の赤字)と開示している。営業損益予想は0.02億円の黒字で変更なし。

NFT関連株が高い、オルトPとアクセルMのS高で物色人気波及

 NFT関連株が高い。電通とオルトプラス<3672>、アクセルマーク<3624>は25日、NFTを活用したサービスの企画・開発を共同で進めていくと発表した。これを受けて、オルトPとアクセルMはカイ気配のままストップ高まで買われており、NFT関連に位置づけられる銘柄群にも物色人気が波及する展開となっている。gumi<3903>やLink-U<4446>をはじめ、リミックスポイント<3825>、アエリア<3758>、クシム<2345>などが上昇している。Shinwa Wise Holdings<2437>は朝方大きく買われる場面があった。


クリングル(4884)ストップ高、提携先が神経栄養性角膜炎対象の試験で投与開始、技術アクセスフィー受領へ

<4884> クリングル 1025 +150
ストップ高。提携先の米クラリス・バイオセラピューティクス社が神経栄養性角膜炎を対象とする第I/II相試験を開始し、第1例目の被験者への投与が行われたと発表している。クリングルファーマは組換えヒトHGFタンパク質原薬を供給するとともに関連情報を提供しており、投与開始で毎年定額の技術アクセスフィーを受領することになる。引き続きクラリス・バイオセラピューティクス社との協業を推進し、HGFタンパク質の価値最大化を目指す。





明日の監視銘柄

アクセルM(3624)
オルトプラス(3672)
オプティマス(9268)
レオクラン(7681)
キャリア(6198)
プロルート丸光(8256)
フォースタ(7089)
ギフティ(4449)
ラキール(4074)
ココナラ(4176)
ファーマフーズ(2929)
海運セクター

●ストップ高の銘柄一覧

 銘柄名           現況 ニュース/主な株式テーマ
セキュアヴェ <3042> [JQG] 一時 セキュリティー製品をAWSマーケットプレイスに出品
アクセルM <3624> [東証M]  配分 今期経常は黒字浮上へ
                  取引時間内に商い成立せず、10万3300株の買い注文を残す
オルトP <3672>        配分 動画NFTトレカを電通らと共同推進
                  取引時間内に商い成立せず、7万6100株の買い注文を残す
クリングル <4884> [東証M]     提携先が神経栄養性角膜炎対象の試験で投与開始、技術アクセスフィー受領へ
Career <6198> [東証M]    人材派遣関連
ハマイ <6497> [JQ]        <みんかぶ・個人投資家の予想から>=『買い予想数上昇』4位にハマイ
アストマクス <7162> [JQ]  一時 再生可能エネルギー関連
レオクラン <7681> [東証2]    
太洋物産 <9941> [JQ]    一時 前日まで3日連続ストップ高

以上、9銘柄

8月26日引け後に発表された決算・業績修正

 ◆【一転増益】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   スター・マイカ・ホールディングス <2975今期経常を一転28%増益に上方修正

明日の決算一覧

8月27日の決算発表銘柄(予定)
 ■取引時間中の発表
  ◆第1四半期決算:
   <3023> ラサ商事
 ■引け後発表
  ◆本決算:
   <3816> 大和コン [JQ]
  ◆第3四半期決算:
   <4707> キタック [JQ]
  合計3社

せぃこ

本日もお疲れさまでした♪

無料オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる