塩野義(4507)大幅反発、ワクチン臨床試験で安全性を確認と発表/ケイブ(3760)に買い人気集中、台湾子会社がデジタルコンテンツビジネスで新展開

引け乙です!

本日もマザーズは元気でしたが、引けに向けて上値は思い展開

前場の勢いに乗ると高値掴みもありタイミングを図らないと巻き込み下落も懸念されるような相場でした!

では本日も振り返っていきましょう


目次

本日の収支

収支➖13,094円

せぃこ

まさかのマイナスだったw
計算ミスと、利確ができてなかったw
持ち越し利益が明日大きくなることを祈りますw

本日のポイント

①上昇銘柄チェック
②大量売りに注意

本日の日経平均&新興市場

東証大引け 3日ぶり小反落 利益確定売りが重荷に

25日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに小幅に反落し、前日比7円30銭(0.03%)安の2万7724円80銭で終えた。米株高を手掛かりに買いが先行したが、前日までの2営業日で700円超上昇していたため、次第に利益確定売りが優勢となった。香港市場で主要銘柄で構成するハンセン指数が下げたことも投資家心理を悪化させた。

国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が高水準で推移していることも引き続き重荷となった。市場では「25日移動平均(2万7650円近辺)を上回る水準で戻り待ちの売りが出やすい」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)との声が聞かれた。

朝方は買いが優勢だった。前日の米株式市場で主要株価指数が上昇したことを受け、東京市場でも海外投機筋による先物買いが入った。ワクチン接種の進展期待で鉄鋼や自動車など景気敏感株が買われた。上げ幅は一時160円を超えたが、一段と上値を追うだけの買い材料は乏しく、間もなく息切れした。

JPX日経インデックス400は小幅に3日続伸。終値は前日比3.01ポイント(0.02%)高の1万7429.23だった。東証株価指数(TOPIX)も小幅に3日続伸し、1.46ポイント(0.08%)高の1935.66で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆1187億円。売買高は9億1254万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1061、値上がりは1010、変わらずは119だった。

ファストリが下げた。東エレクアドテストなど値がさの半導体関連も安い。一方、ソフトバンクグループ(SBG)とトヨタは上昇した。郵船も買われた。

新興株25日 ジャスダック、マザーズともに続伸 メルカリが高

25日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3日続伸した。終値は前日比7円45銭(0.19%)高い3912円66銭だった。24日の米株高を受け、買いが先行したが、午後に入ると伸び悩んだ。

ジャスダック市場の売買代金は概算で435億円、売買高は5683万株だった。出前館が10%高。アンビスHDナカニシも上げた。

東証マザーズ指数は4日続伸した。終値は前日比10.05ポイント(0.94%)高い1082.65と、2週間ぶりの高値となった。JPモルガン証券が投資判断を引き上げたメルカリが上昇。アンジェスサイバーセキも買われた。

本日の注目銘柄&監視銘柄

塩野義(4507)大幅反発、ワクチン臨床試験で安全性を確認と発表

塩野義<4507>は大幅反発。開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、初期の臨床試験で1回目投与後の安全性を確認したと発表している。今後は、3週間の間隔をあけた2回目の投与後の安全性や有効性を確認していくようだ。また、開発中の新型コロナウイルス治療薬についても、2022年3月末までに国内外で1000万人分の生産体制を整える方針を明らかにしており、コロナ対策銘柄として期待感が高まる状況になっている。


ユビキタスAI(3858)が一時S高、認証制度「PSA Certified」取得

 ユビキタス AIコーポレーション<3858>が大幅高。一時100円高はストップ高となる658円まで買われた。同社はきょう、IoT向けソリューション「Edge Trust(エッジトラスト)」のセキュリティコンポーネントであるミドルウェアが、英アームなどが関わる認証制度「PSA Certified(サーティファイド)」を取得したと発表しており、これが材料視されているようだ。この認証取得について会社側では、エッジトラストの導入を加速すると期待している。


ケイブ(3760)に買い人気集中、台湾子会社がデジタルコンテンツビジネスで新展開

 ケイブ<3760>に買い人気集中、気配値のまま一気に水準を切り上げてきた。同社はオンラインゲーム運営やライブ配信事業などを手掛けるが、24日取引終了後、同社の台湾子会社がデジタルコンテンツビジネスにおける海外企業などとの業務提携を支援する新規事業を開始することを発表した。また、同子会社が開発しているライブ配信アプリのリリース時期が22年1月に決定したことも併せて発表しており、これが投資資金の食指を動かした。同社株は7月中旬以降大幅な調整を強いられ、今月20日に872円で年初来安値をつけて間もない状況にあったが、目先底入れ反転の動きを鮮明としている。




その他

フォースタ
enjin
ギフティ
くふう
FRONTEO
海運系

明日の監視銘柄

Enjin(7370)
フォースタ(7089)
KAIZEN(4170)
ケイブ(3760)
バイク王(3377)
シンクレイヤ(1724)
ベイシス(4068)
ハマイ(6497)
アクセルM(3624)
ぐるなび(2440)
オプトプラス(3672)

●ストップ高の銘柄一覧

 銘柄名           現況 ニュース/主な株式テーマ
ケイブ <3760> [JQ]     配分 <みんかぶ・個人投資家の予想から>=『買い予想数上昇』1位にケイブ
                  取引時間内に商い成立せず、4万1000株の買い注文を残す
ユビAI <3858> [JQ]    一時 認証制度『PSA Certified』取得
ハマイ <6497> [JQ]       
インテM <7072> [東証M]   一時 前日もストップ高
大丸エナ <9818> [東証2]      前日もストップ高。医療用ガス関連
太洋物産 <9941> [JQ]       前日まで2日連続ストップ高

以上、6銘柄

8月25日引け後に発表された決算・業績修正

 ◆今期【黒字浮上】を予想する銘柄(サプライズ順)
   アクセルマーク <3624> [東証M] 今期経常は黒字浮上へ

 ◆【最高益】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   早稲田アカデミー <4718>    上期経常を79%上方修正・2期ぶり最高益、通期も増額

 ◆四半期(3ヵ月)【大幅増益】で着地した銘柄(サプライズ順)
   タカショー <7590>       上期経常が63%増益で着地・5-7月期も24%増益

明日の決算一覧

 該当銘柄はございません。


本日もお疲れ様でした!

無料オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる