新しいフィルムを開発したと発表MICS化学(7899)は後場急騰し一時ストップ高/フュートレック(2468)大幅反発、ドーナッツ ロボティクスとの業務提携を材料視

引け乙ですーーーー!

今日の下落はひどかったですね!

こんなに下がるとは。。。

含み損がまた増えました。。。

長期なので見守ってますが、デイトレはしっかりと取っていきたいとこですね!

では本日の振り返りレッツゴー!

目次

本日の収支

収支➕33,630円

今日は先週末の持ち越しとスキャルで!

本日のポイント

◉上昇銘柄のチョイス
◉無理にエントリーしない

本日の日経平均&新興市場

東証大引け 大幅続落し953円安 1カ月ぶり安値、リスク回避鮮明

21日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に4日続落し、前週末比953円15銭(3.29%)安の2万8010円93銭と、5月17日以来の約1カ月ぶりの安値で終えた。下落幅は2月26日(1202円26銭)以来の大きさ。取引時間中に下げ幅が1100円を超え、2万8000円を下回る場面もあった。米連邦準備理事会(FRB)の高官が2022年中にも利上げを開始する可能性について言及したことをきっかけに前週末の米株式市場で主要指数が大幅下落した。東京市場でも投資家のリスク回避姿勢が鮮明で、幅広い銘柄で売りが優勢となった。

米国では10年債や30年債の利回りが低下し、5年債利回りが上昇するフラットニング(利回り曲線の平たん化)が進んでいる。景気鈍化の兆しとして警戒感が高まり、景気過熱や物価上昇を前提にした「リフレトレード」の修正を余儀なくされた投資家の巻き戻しの動きが東京市場にも波及したとの見方があった。

国内ではきょうから新型コロナウイルスワクチンの職場接種が本格的に始まった。東京や大阪など7都道府県では緊急事態宣言が解除されて宣言に準ずる「まん延防止等重点措置」に移行した。空運株など一部にはワクチン期待の買いも入ったが相場を支える材料にはならなかった。

JPX日経インデックス400は大幅に4日続落し、終値は前週末比445.69ポイント(2.54%)安の1万7119.94だった。東証株価指数(TOPIX)は大幅に3日続落し、47.11ポイント(2.42%)安の1899.45で終えた。1900を下回ったのは約1カ月ぶり。下落幅は約4カ月ぶりの大きさだった。

東証1部の売買代金は概算で2兆9466億円。売買高は13億108万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は2044と、全体の93%を占めた。値上がりは123、変わらずは26銘柄だった。

ソフトバンクグループファストリが年初来安値を付けた。東エレクが大幅安。三菱UFJ第一生命HDも売られた。一方、JALANAHDは買われた。エーザイソニーGも小幅に上昇した。

新興株21日 マザーズ4日続落、ジャスダック続落

21日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は4日続落した。終値は前週末比21.40ポイント(1.82%)安い1155.77と、2週間ぶりの安値となった。前週末の米株安の流れを受けて相場全体が軟調に推移し、新興株も売りに押された。ウェルスナビメルカリが下落した。一方、Pアンチエイオキサイドが上昇した。

日経ジャスダック平均株価は続落した。終値は前週末比49円43銭(1.25%)安い3912円69銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で535億円、売買高は1億172万株だった。シンバイオマクドナルドが下落した。半面、セリアテセックは上昇した。

マザーズ指数と日経ジャスダックともに、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)に比べて下げ幅が小さかった。岩井コスモ証券の林卓郎投資情報センター長は「成長期待の高い銘柄が買い支えた」と指摘。今週は12件の新規株式公開(IPO)が予定されていることから「マザーズ市場を中心に個人投資家の意識が向かいやすい」と持ち直しの可能性もあるとみていた。

本日の監視銘柄&注目銘柄

タムラが全般波乱相場に逆行高、貸株急増で空売り買い戻しの動きを誘発

 タムラ製作所<6768>が全般波乱相場のなかも一時52円高と値を飛ばし900円台に乗せるなど強さを際立たせている。ここ株価を急動意させ市場の視線が集中している。同社の技術を切り出して設立したカーブアウトベンチャーで酸化ガリウムパワー半導体分野の開発を進めるノベルクリスタルテクノロジーが、酸化ガリウム100ミリウエハーの量産に世界で初めて成功したことが伝わり、これが物色人気化の発端となった。株式需給面では日証金で貸株が急増し、貸借倍率が0.7倍と売り長になっている。これをベースとした買い戻しの動きが株価に浮揚力を与えている。

持ち越しは前場で利確!14時からの高騰にスキャル対応!


フュートレック—大幅反発、ドーナッツ ロボティクスとの業務提携を材料視

フュートレック<2468>は大幅反発。スマートマスク「C-FACE」を販売するドーナッツ ロボティクスと業務提携契約を締結したと先週末に発表している。「C-FACE」は市販のマスクの上に取り付けて利用、スマホと連携することで、マイク機能を使って遠くの人にも声を届けることができ、8カか国語に対応した翻訳及び音声による文字起こしもできるようになる。今後、同社の音声認識などを「C-FACE」へ搭載および最適化するための取り組みを実施ししていくようだ。


MICS化学<7899>は後場急騰し一時ストップ高、前週末比80円高の428円に買われる場面があった。同社はきょう、防臭・消臭効果のある新しいフィルムを開発したと発表しており、これが材料視されたようだ。

 独自の製法により防臭効果に加え、消臭機能も付加させることで効果の持続性を実現したほか、原料には医薬品包装にも使用される機能性の高い原料を採用している。同社では、オムツの処理やペットケア、介護施設、病院、災害対策などさまざまな場面での利用を見込んでおり、今後同フィルムを使った新しいビジネスの柱の一つとして拡大展開していくとしている。


明日の監視銘柄

メディネット(2370)
タムラ製作所(6768)
第一商品(8746)
神戸物産(3038)
ウェルス(3772)
インフォネット(4444)

本日のストップ高
銘柄名           現況 ニュース/主な株式テーマ
アイビー <4918> [JQ]    一時
田中精密 <7218> [JQ]    一時
MICS化学 <7899> [JQ]  一時 防臭・消臭効果のある新フィルム開発
太洋物産 <9941> [JQ]    一時

以上、4銘柄

6月21日引け後に発表された決算・業績修正

 ◆【最高益予想】をさらに上乗せした銘柄(サプライズ順)
   ニーズウェル <3992>      今期経常を8%上方修正・最高益予想を上乗せ

 ◆【大幅】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   アークランドサカモト <9842>  上期最終を2.4倍上方修正、通期も増額
   象印マホービン <7965>     上期経常を50%上方修正、通期も増額

 ◆【一転増益】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   商船三井 <9104>        今期経常を一転65%増益に上方修正

明日の決算一覧

2)6月22日の決算発表銘柄(予定)
 ■引け後発表
  ◆本決算:
   <3391> ツルハHD
   <3544> サツドラHD
  合計2社

本日も引け乙でしたー!

オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる