テーマ株なしで彷徨う市場/本日はアクシージア(4936)やcoly(4175)のIPO反転兆し

引け乙です!今週も1週間お疲れ様でした!

今週は1週間通して本当にやりづらい相場でしたねΣ(´∀`||;)

相場を言い訳しないように器用にトレードがしたい・・

せぃこ

まだまだ頑張らなあきまへん

それでは今週最後の相場振り返りいきましょう!

是非・YouTube解説にもいいね・コメント・チャンネル登録よろしくお願いします♪


この記事は私が毎日株式相場と向き合ってどのように取引をしているのかを解説している記事です!

毎朝9時〜15時までは相場と向き合って毎日いろんなニュースが出たりしていく中でどんなふうにトレードしているのか、毎日どんな銘柄をチェックしているのかを細かく書いています

サムネにもあるように毎日の利益や損失も赤裸々に書いているので気になった記事だけでもチェックしてください!

株初心者の方やこれから始める方にとって参考になれば嬉しいです(●´ー`●)

目次

本日の収支

収支なし!!

せぃこ

本日トレードなしでござんす!!タイミングあわず・・反省

本日のポイント

①全体の動き
②金曜日相場

本日の日経平均

東京株式(大引け)=65円安と続落、後場に入り下げ幅急速に縮小

5日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比65円79銭(0.23%)安の2万8864円32銭で終えた。米長期金利の上昇を背景に米株価指数が大幅安になった流れを東京市場も引き継ぎ、リスクを回避するための売りが膨らんだ。グロース(成長)株を中心に大きく下げ、下落幅は一時600円超まで広がった。午後に入ると下げは一服した。

4日の米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の発言をきっかけに米市場で金利高・株安が進行。東京市場でも朝方から半導体関連を中心にグロース株への売りが先行した。米ナスダック100株価指数の先物が軟調に推移したことで投資家心理はいっそう冷え込んだ。指数への影響の大きい値がさ株がとりわけ大きく下げた。

東証マザーズ指数の大幅な下落を受け、「これまで値動きが軽かった銘柄を中心に個人投資家も売りを急いでいる」(国内証券)との声があった。ボラティリティー(変動率)の上昇も嫌気され、保有資産の価格変動リスクを減らすための売りが幅広い銘柄に出た。

もっとも、午後には下げが急速に鈍った。日銀による上場投資信託(ETF)の購入が入るのではとの期待感が浮上。黒田東彦総裁がETF購入について「柔軟に弾力的にやる」などと発言したことも巻き込みながら売りは手控えられた。日本時間5日夜発表の2月の米雇用統計を目前に控え、一方向に取引を傾けることのリスクも意識された。連日の大幅な下げで押し目買いの好機と捉えた向きもあったようで、午後に値上がりに転じた銘柄も多かった。

一方、JPX日経インデックス400は反発。終値は前日比94.37ポイント(0.55%)高の1万7128.94だった。東証株価指数(TOPIX)も反発し、11.44ポイント(0.61%)高の1896.18で終えた。いずれも午前は1%程度下げていた。

東証1部の売買代金は概算で3兆1752億円。売買高は14億3043万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は753と、全体の3割強にとどまった。値上がりは1352と約6割、変わらずは89銘柄だった。


本日の注目銘柄&監視銘柄

国土交通省:新築住宅省エネ基準の適合義務付け方針の報道思惑

新築住宅の省エネ義務化 国交省、25年度にも
国土交通省は2025年度にも、新築住宅について省エネルギー基準の適合を義務付ける方針だ。21年度からは中規模のオフィスビルなどの義務化が始まるが、個人の住宅は省エネ性能に関する説明義務にとどまる。政府は50年のカーボンニュートラル(温暖化ガス排出量実質ゼロ)を掲げており、日本の二酸化炭素(CO2)排出量の15%を占める家庭分野の改革を進める。

2月9日決算開示があってからも底上げ状況でしたが、本日思惑買もかさみ一気に浮上してきた


自己株式取得に係る事項の決定及び自己株式消却に係る事項の決定に関するお知らせ 2021年3月3日(適時開示)


室町ケミカル!見事2千円目指しましたね!

2千円が抵抗線になっての後場の下げは予測できる動きでしたね!


このほか、アクシージア・Coly・アピリッツが反発
月曜日の動きも楽しみですね!


CAICA—CAICAコインがHotbitに上場

CAICA<2315>は4日、同社が発行する暗号資産「CAICAコイン」(単位:CICC)が、上海・台北を拠点とする暗号資産交換所であるHotbitに2021年3月10日に上場されることを発表。

同社グループは、子会社として金融商品取引業者であるeワラント証券、暗号資産交換業者であるZaif(2021年3月15日に子会社化予定)をグループ内に有しており、eワラント証券においては、ビットコイン先物相場を対象とした唯一の証券化商品「ビットコインレバレッジトラッカー」の取扱いを開始した。

同社グループは、IT金融の更なる深化に向けて、「CAICAコイン」の海外投資家への認知度の向上や利用範囲の拡大、更なる可能性を追求し、革新的な金融サービスを創出していくとしている。


3月8日の監視銘柄

週末まとめてオンラインサロンにて開示します!(訳あり)

シーズメン <3083> [JQ]     

sMedio <3913> [東証M] 配分 高解像度画像を表示する処理速度の向上で特許取得

チヨダウーテ <5387> [JQ]  一時

報国鉄 <5542> [JQ]        半導体製造装置関連

以上、4銘柄

3月5日引け後に発表された決算・業績修正

 ◆【最高益】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   ティーライフ <3172>      今期経常を34%上方修正・4期ぶり最高益、配当も14円増額

 ◆【大幅】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   重松製作所 <7980> [JQ]    今期経常を31%上方修正、配当も2.5円増額
   アイル <3854>         今期経常を33%上方修正、配当も3円増額

 ◆四半期累計【大幅増益】で着地した銘柄(サプライズ順)
   ハイレックスコーポレーション <7279> [東証2] 11-1月期(1Q)経常は42%増益で着地
   ファースト住建 <8917>     11-1月期(1Q)経常は59%増益で着地
   ケア21 <2373> [JQ]     11-1月期(1Q)経常は36%増益で着地
   フジ・コーポレーション <760511-1月期(1Q)経常は24%増益で着地

 ◆配当増額した銘柄(サプライズ順)
   サンコー <6964> [東証2]    今期配当を3円増額修正

3月8日の決算一覧

3月8日の決算発表銘柄(予定)
 ■引け後発表
  ◆本決算:
   <4238> ミライアル
  ◆第1四半期決算:
   <2198> アイケイケイ
   <2301> 学情
   <7856> 萩原工業
  ◆第3四半期決算:
   <2438> アスカネット [東M]
  合計5社

今週もお疲れ様でした♪

無料オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる