インバウンド(7031)ストップ高買い気配、音声予約システムのOmniGridを子会社化、EPARKと合弁事業/リヒトラブ(7975)が急騰S高、11月30日を基準日に1株を2株に株式分割へ

引け乙ですーーー!!!

今日は乗りやすいところが多かった!!!

その上マザーズも強かったので、市場が賑わってましたね!!

こんな日が続けば・・と思ってしましますが、気を緩めず頑張っていきましょう♪

では本日の振り返りにいきましょう

目次

今日の収支

収支+138,770円

アスタリスク・レノバ・ウエストHDなど

本日のポイント

①市場、監視銘柄が上向きだった為、早めに銘柄を絞った
②寄り天に注意

本日の日経平均&新興市場

日経平均29,215 +190.06(+0.65%)

東証大引け 反発、成長株に買い 米金利高の一服で

19日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比190円06銭(0.65%)高の2万9215円52銭で終えた。日本時間19日の取引で米長期金利の上昇が一服したことを手がかりに、値がさの半導体関連銘柄や成長(グロース)株を中心に買いが入った。上げ幅は200円を超える場面もあった。一方、外国為替市場で円安・ドル高の流れが一服しており、自動車など輸出関連株の一角に売りが出たことが重荷だった。

19日のアジア株式市場で香港や上海の株価指数が堅調に推移したことも日本株の支えとなった。国内で新型コロナウイルスの新規感染者の減少傾向が続いており、経済活動の再開への期待から、小売株の一部に物色の矛先が向かった。

きょうは衆院選が公示された。31日の投開票に向けて、過去の経験則をもとに株高になるとの期待も支えだった。

ただ、チャート上では2万9200円台前半にある25日移動平均線が上値抵抗として意識された。市場では「価格帯別の売買高をみると2万9000円近辺が多く、戻り売りが出やすいことも重荷だ」(国内証券)との声も聞かれ、主力銘柄への売りが上値を抑えた。

JPX日経インデックス400は反発した。東証株価指数(TOPIX)も反発し、7.34ポイント(0.36%)高の2026.57で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆4409億円。売買高は9億9279万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1115と、全体の約5割を占めた。値下がりは962、変わらずは107だった。

東エレクアドテストが上昇。ファストリソフトバンクグループも高かった。一方、第一三共アステラスが下落。トヨタホンダなど自動車株も下げた。

マザーズ: 1,141.40 +25.25(+2.26%)

新興株19日 マザーズ2.3%高、ジャスダック4日続伸

19日の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は反発した。終値は前日比25.25ポイント(2.26%)高い1141.40だった。前日の米ハイテク株の上昇を受け、マザーズ市場のIT(情報技術)関連株などに資金が向かった。

メルカリJMDCが上昇し、年初来高値を更新。一方、ココナラジーエヌアイは下落した。

日経ジャスダック平均株価は4日続伸した。終値は前日比20円18銭(0.50%)高い4033円39銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で538億円。売買高は5035万株と、1日以来およそ2週間ぶりの低水準だった。

ウエストHDが買われたほか、国内証券が投資判断を最上位として調査を始めたフルヤ金属が上昇した。半面、出前館イボキンは下落した。

今日の監視銘柄&注目銘柄

インバウンド(7031)ストップ高買い気配、音声予約システムのOmniGridを子会社化、EPARKと合弁事業

飲食店・医療施設の予約プラットフォームを展開するEPARK(東京都港区)の子会社で音声予約システムを開発・運営するOmniGrid(東京都豊島区)の株式を取得して子会社化するとともに、EPARKと合弁事業契約を締結すると発表している。インバウンドとコンタクトセンターの強化が目的。取得株数は1万8590株(議決権所有割合65.0%)で、取得価額は約9.45億円(アドバイザリー費用含む)


リヒトラブ(7975)が急騰S高、11月30日を基準日に1株を2株に株式分割へ

 リヒトラブ<7975>が急騰し、2月3日に付けた年初来高値1835円を一気に更新している。18日の取引終了後、11月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表したことが好感されている。投資単位の水準を引き下げることで株式の流動性の向上を図り、投資家層の更なる拡大を図ることが目的という。効力発生日は12月1日。


CSランバー(7808)2連ストップ高、22年5月期の営業利益予想22.50億-24.50億円、年間配当は80円に増額

従来未定としていた22年5月期の営業利益予想を22.50億-24.50億円(前期実績14.08億円)と発表している。木材価格の高騰・供給不足の影響があるものの、プレカットの出荷が堅調に推移したほか、生産効率・配送効率の向上が進んでいるため。木材価格の変動の激しさなどを踏まえ、レンジでの開示とした。年間配当予想は80.00円(普通配当60.00円、記念配当20.00円。前期実績50.00円)に増額する。


シノブフーズ(2903)が後場急伸、新規カフェチェーンとの取引開始寄与し22年3月期業績予想を上方修正

 シノブフーズ<2903>が後場急上昇している。午後2時ごろ、22年3月期の連結業績予想について、売上高を458億円から477億円(前期比4.9%増)へ、営業利益を11億4000万円から13億4000万円(同22.2%増)へ、純利益を8億円から9億4000万円(同18.8%増)へ上方修正したことが好感されている。

 新規にカフェチェーンとの取り引きを開始したことに加えて、主要食材の調達方法の見直しや機械化による品質及び生産性の改善、徹底した製造経費の削減に取り組んだことなどが寄与した。




明日の監視銘柄

CSランバー(7808)
インバウンド(7031)
FRONTEO(2158)
海運セクター
再エネセクター

その他監視銘柄は全てサロンで公開しています

●ストップ高の銘柄一覧

 銘柄名           現況 ニュース/主な株式テーマ
シノブフズ <2903> [東証2]  一時 新規カフェチェーンとの取引開始寄与し22年3月期業績予想を上方修正
倉庫精 <3578> [東証2]      
GW <3936> [東証M]     配分 前日もストップ高
                  取引時間内に商い成立せず、3万1700株の買い注文を残す
ヘッドウォ <4011> [東証M]  一時 人工知能関連
アスタリスク <6522> [東証M] 一時 <みんかぶ・個人投資家の予想から>=『売り予想数上昇』2位にアスタリスク
インバウT <7031> [東証M]  配分 音声予約システムのOmniGridを子会社化、EPARKと合弁事業
                  取引時間内に商い成立せず、4700株の買い注文を残す
CSランバー <7808> [JQ]  配分 前日もストップ高
                  取引時間内に商い成立せず、7000株の買い注文を残す
リヒトラブ <7975> [東証2]     <みんかぶ・個人投資家の予想から>=『買い予想数上昇』4位にリヒトラブ

以上、8銘柄

10月19日引け後に発表された決算・業績修正

 ◆【最高益】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   大阪ソーダ <4046>       上期経常を39%上方修正・2期ぶり最高益、通期も増額、配当も5円増額

明日の決算一覧

10月20日の決算発表銘柄(予定)
 ■引け後発表
  ◆本決算:
   <3478> 森トラホテル [東R]
   <8954> オリックスF [東R]
  ◆第2四半期決算:
   <5933> アルインコ
  合計3社


オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる