INC、インターステラと資本提携からS高連発!ホリエモン銘柄株価ロケット宇宙へと話題/鉄人化計画の上値追いトレンド継続、首都圏コロナ収束追い風に需給相場の色強める

ひけおつですーーー!

お久しぶりの投稿になりました!

今週・今月もお疲れ様です!

今日は相当やりにくかったですが、、

振り返っていきましょう♪

目次

本日の収支

収支+45521円

商船三井のみトレード!資金の抜けも激しく下げ相場なので前場一切トレードせずでした

本日のポイント

①寄り付き前にしたスタートが多かったので相場見守り
②材料出たところを狙い撃ち

本日の日経平均

日経平均:28,892.69  +72.60(+0.25)

東証大引け 3日ぶり反発 好決算銘柄が支え、衆院選控え方向感欠く

29日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前日比72円60銭(0.25%)高の2万8892円69銭で終えた。好決算や業績見通しの上方修正を発表した銘柄に買いが入り、上げ幅は180円を超えて心理的な節目の2万9000円に乗せる場面もあった。一方で週末に衆院選の投開票を控えて一時は300円超下げるなど、1日を通してみると方向感に欠ける展開だった。

アップルや米アマゾン・ドット・コムが28日の通常取引終了後に発表した2021年7~9月期決算の内容を嫌気して、日本時間29日の米ナスダック先物は下落した。さらに国内では衆院選で自民党の単独過半数の維持に懐疑的な見方が強まり、短期筋は朝方から日経平均先物に売りを仕掛けた

ただ、キーエンスソニーGなど好決算を発表して買いが入る銘柄も多く、日経平均の下値は堅かった。衆院選投開票をまたいで週明けまでポジションを持ち越したくない投資家が多いなか、午後は売り方による買い戻しが進んで日経平均は前日終値を上回る水準で推移した。

週末の衆院選投開票に加えて来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)も控えるため中長期の投資家は様子見姿勢を強めている。短期筋の売りと買い戻しが一巡したあとは日経平均は前日終値近辺で小幅な動きとなった。

JPX日経インデックス400は3日続落。東証株価指数(TOPIX)は3営業日ぶりに反発し、前日比1.52ポイント(0.08%)高の2001.18で終えた。

東証1部の売買代金は概算で3兆5317億円。売買高は15億6498万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1026、値下がりは1052と拮抗した。変わらずは106銘柄だった。

昼に上方修正を発表した商船三井が後場に急伸し、郵船川崎汽も連れ高した。富士電機オムロンリコーも買われた。半面、アルプスアルが大幅安。パナソニックサイバー三菱重も安い。

マザーズ:1,107.08 -11.89(-1.06)

新興株29日 マザーズとジャスダック反落、主力株に売り

29日の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は反落した。終値は前日比11.89ポイント(1.06%)安い1107.08だった。31日に衆院選の投開票を控え、時価総額が大きい主力株などに持ち高調整の売りが出た。

米アップルと米アマゾン・ドット・コムが前日発表した2021年7~9月期売上高が市場予想に届かず時間外取引で株価が下落したため、29日の米株式相場に対する警戒も重荷になった。

メルカリアイドマHDが下落した。一方、GW日本電解が上昇した。

日経ジャスダック平均株価は反落した。終値は前日比12円62銭(0.32%)安い3984円35銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で514億円、売買高は8521万株だった。

フェローテクが下落したほか、今期の連結純利益の見通しを下方修正した綜研化学が売られた。半面、セプテニHDウエストHDは上昇した。

本日の監視銘柄&注目銘柄

INC、インターステラと資本提携からS高連発!ホリエモン銘柄株価ロケット宇宙へと話題

 INCLUSIVE<7078>。26日ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)と資本提携すると発表しており、これを材料視した買いが膨らんでいる。

 インターステラは観測ロケット「MOMO(モモ)」や超小型人工衛星打ち上げロケットの開発や製造を手掛け、実業家の堀江貴文氏がファウンダーを務めていることでも知られる。今回の提携によりINCは、「MOMO」の広告ソリューションの企画開発、営業を支援するほか、人工衛星を活用した産業支援ソリューションや、これらのソリューションを活用したサービスと一般消費者との接点を強化する情報流通ソリューションの提供を目指す。


鉄人化計画の上値追いトレンド継続、首都圏コロナ収束追い風に需給相場の色強める

 鉄人化計画<2404>が全般冴えない地合いのなか上値追い基調を継続。今月18日に大陽線で上放れて以降、下値を切り上げる展開を続けるが、陽線が多く継続的な買いが流入していることを物語る。今週26日取引時間中に532円まで急伸し年初来高値を形成後いったん伸び悩んだが、その後も買い気は衰えず、きょうは一時7%を超える上昇で519円まで上値を伸ばす場面があった。同社は首都圏を中心にカラオケルームを展開。業績は低迷を余儀なくされているが、ここ新型コロナウイルスの感染第5波の収束に伴い、経営環境の改善が意識され買いの手掛かり材料となっている。日証金では貸借倍率が0.3倍と売り長で貸し株規制が入るなど、需給相場の様相を呈している。


エフアンドエム—ストップ高買い気配、22年3月期の営業利益予想を上方修正、新規獲得が計画上回る


ストップ高買い気配。22年3月期の営業利益を従来予想の11.23億円から19.71億円(前期実績12.19億円)に上方修正している。アカウンティングサービス事業やコンサルティング事業で上半期の新規顧客や会員の獲得が計画を上回って推移したため。ビジネスソリューション事業で人事労務クラウドソフト「オフィスステーション」シリーズの拡販が進んだことも利益を押し上げるほか、緊急事態宣言の解除で営業活動が活発化することを織り込んだ。


商船三井に後場寄り買い注文殺到、今3月期営業益は従来予想に100億円上乗せ450億円に

 商船三井<9104>が後場寄り買い物が集中し、カイ気配で始まる展開となった。同社はきょう前場取引終了後22年3月期業績予想の上方修正を発表、営業利益は従来予想の350億円から450億円(前期は53億300万円の赤字)に大幅増額した。同社と日本郵船<9101>、川崎汽船<9107>の3社が共同出資するコンテナ船会社「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)」の利益改善が想定以上となっていることで収益見通しを上乗せした。ばら積み船市況も好調で経営環境に追い風が強い。これを受けて株価は気配値のまま水準を切り上げる展開でフシ目の7000円大台に乗せている。

月曜日の監視銘柄

商船三井(9104)
日本郵船(9101)
川崎汽船(9107)
INCLUSIVE(7078)

などサロンにて他の監視銘も柄配信します

●ストップ高の銘柄一覧

 銘柄名           現況 ニュース/主な株式テーマ
鉄人化計画 <2404> [東証2]  一時 首都圏コロナ収束追い風に需給相場の色強める
シーズメン <3083> [JQ]      前日もストップ高
マーチャント <3121> [東証2]    仮想通貨関連
F&M <4771> [JQ]     配分 22年3月期の営業利益予想を上方修正、新規獲得が計画上回る
                  取引時間内に商い成立せず、1万2500株の買い注文を残す
東邦金 <5781> [東証2]    一時 <みんかぶ・個人投資家の予想から>=『買い予想数上昇』3位に東邦金
INC <7078> [東証M]       前日まで3日連続ストップ高。デジタルトランスフォーメーション関連
京極運 <9073> [JQ]     一時 前日もストップ高

以上、7銘柄

10月29日引け後に発表された決算・業績修正

 ◆【最高益予想】をさらに上乗せした銘柄(サプライズ順)
   住友林業 <1911>        今期経常を26%上方修正・最高益予想を上乗せ
   イーグランド <3294>      今期経常を58%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も11円増額
   トーカロ <3433>        今期経常を13%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も5円増額
   豊田通商 <8015>        今期最終を27%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も20円増額
   SGホールディングス <9143>  今期経常を10%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も3円増額

 ◆【最高益】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   伯東 <7433>          今期経常を66%上方修正・21期ぶり最高益、配当も60円増額
   日本トランスシティ <9310>   今期経常を一転23%増益に上方修正・最高益更新へ
   王将フードサービス <9936>   今期経常を45%上方修正・12期ぶり最高益更新へ
   KADOKAWA <9468>    今期経常を一転16%増益に上方修正・最高益更新へ
   クエスト <2332> [JQ]     今期経常を一転2%増益に上方修正・最高益更新へ
   第一稀元素化学工業 <4082>   上期経常を88%上方修正・3期ぶり最高益、通期も増額、配当も3円増額
   幼児活動研究会 <2152> [JQ] 今期経常を11%上方修正・3期ぶり最高益、未定だった配当は4円増配
   日鉄ソリューションズ <2327>  今期経常を10%上方修正・2期ぶり最高益、配当も4円増額
   日本ガイシ <5333>       今期経常を4%上方修正・6期ぶり最高益更新へ

 ◆【大幅】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   タカトリ <6338> [東証2]    前期経常を61%上方修正
   インフォマート <2492>     今期経常を51%上方修正、配当も0.16円増額
   イビデン <4062>        今期経常を41%上方修正、配当も5円増額
   TOTO <5332>        今期経常を17%上方修正、配当も10円増額
   オークマ <6103>        今期経常を26%上方修正、配当も10円増額
   丸文 <7537>          今期経常を50%上方修正
   スクロール <8005>       今期経常を50%上方修正、配当も28.5円増額
   旭有機材 <4216>        今期経常を18%上方修正
   鳥居薬品 <4551>        今期経常を12%上方修正
   アイコム <6820>        上期経常を4.1倍上方修正
   ニコン <7731>         今期税引き前を30%上方修正、配当も10円増額
   セーラー万年筆 <7992> [東証2] 今期経常を27%上方修正
   クレハ <4023>         上期税引き前を52%上方修正
   牧野フライス製作所 <6135>   今期経常を16%上方修正
   京写 <6837> [JQ]       今期経常を50%上方修正
   遠藤照明 <6932>        今期経常を31%上方修正
   トプコン <7732>        今期経常を31%上方修正
   大和工業 <5444>        今期経常を28%上方修正
   東洋製罐グループホールディングス <5901> 今期経常を12%上方修正
   三菱化工機 <6331>       今期経常を15%上方修正

 ◆【一転増益】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   JT <2914>          今期最終を一転6%増益に上方修正、配当も10円増額
   南都銀行 <8367>        上期経常を一転25%増益に上方修正
   京都銀行 <8369>        上期経常を一転25%増益に上方修正
   ツムラ <4540>         今期経常を一転12%増益に上方修正
   イチケン <1847>        上期経常を一転2%増益に上方修正
   住友重機械工業 <6302>     今期経常を一転15%増益に上方修正、配当も20円増額
   第四北越フィナンシャルグループ <7327上期経常を一転5%増益に上方修正
   santec <6777> [JQ]   今期経常を一転10%増益に上方修正

 ◆【一転黒字】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   大平洋金属 <5541>       今期営業を一転黒字に上方修正、配当も40円増額

 ◆四半期累計【通期計画】を超過した銘柄(サプライズ順)
   ホットランド <3196>      1-9月期(3Q累計)経常は5倍増益・通期計画を超過
   クイック <4318>        上期経常は32%増益で上振れ着地・通期計画を超過
   プロネクサス <7893>      上期税引き前は一転5%増益で上振れ着地・通期計画を超過

 ◆四半期(3ヵ月)【大幅増益】で着地した銘柄(サプライズ順)
   アークランドサービスホールディングス <30851-9月期(3Q累計)経常が78%増益で着地・7-9月期も51%増益
   ジャパンインベストメントアドバイザー <71727-9月期(3Q)経常は50%増益
   日本電気硝子 <5214>      1-9月期(3Q累計)経常が2.6倍増益で着地・7-9月期も76%増益
   ロードスターキャピタル <3482> [東証M] 1-9月期(3Q累計)経常が27%増益で着地・7-9月期も63%増益
   日本冶金工業 <5480>      上期経常が2.5倍増益で着地・7-9月期も3.1倍増益
   EIZO <6737>        上期経常が3.5倍増益で着地・7-9月期も74%増益
   マネックスグループ <8698>   上期税引き前が4.4倍増益で着地・7-9月期も3.3倍増益
   アイエックス・ナレッジ <9753> [JQ] 上期経常が64%増益で着地・7-9月期も32%増益
   イマジニア <4644> [JQ]    上期経常が6%増益で着地・7-9月期も65%増益
   早稲田アカデミー <4718>    上期経常が2.7倍増益で着地・7-9月期も31%増益
   黒崎播磨 <5352>        上期経常が2倍増益で着地・7-9月期も2.4倍増益
   日進工具 <6157>        上期経常が2.5倍増益で着地・7-9月期も5.9倍増益
   東光高岳 <6617>        上期経常が3.2倍増益で着地・7-9月期も19%増益
   メディパルホールディングス <7459上期経常が40%増益で着地・7-9月期も56%増益
   JSP <7942>         上期経常が2.4倍増益で着地・7-9月期も3.5倍増益

 ◆四半期(3ヵ月)【黒字浮上】で着地した銘柄(サプライズ順)
   グローバルダイニング <7625> [東証2] 1-9月期(3Q累計)経常が黒字浮上で着地・7-9月期も黒字浮上
   千趣会 <8165>         1-9月期(3Q累計)経常が黒字浮上で着地・7-9月期も黒字浮上
   ジェイ・エスコムホールディングス <3779> [JQ] 上期経常が黒字浮上で着地・7-9月期も黒字浮上

 ◆四半期累計【大幅増益】で着地した銘柄(サプライズ順)
   タウンニュース社 <2481> [JQ] 7-9月期(1Q)経常は4倍増益で着地
   国際チャート <3956> [JQ]   上期経常は2.8倍増益で上振れ着地
   ペガサスミシン製造 <6262>   上期経常は9.6倍増益で上振れ着地
   ニップン <2001>        4-6月期(1Q)経常は45%増益で着地
   ニッポン高度紙工業 <3891> [JQ] 上期経常は99%増益で着地、今期配当を8円増額修正
   リケンテクノス <4220>     上期経常は90%増益で上振れ着地
   メルコホールディングス <6676上期経常は69%増益で着地、今期配当を20円増額修正
   前澤化成工業 <7925>      上期経常は41%増益で上振れ着地
   北海道ガス <9534>       上期経常は2.5倍増益で着地、今期配当を5円増額修正

 ◆四半期累計【黒字浮上】で着地した銘柄(サプライズ順)
   タダノ <6395>         上期経常は黒字浮上で上振れ着地

月曜日の決算一覧

11月1日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算
 ■取引時間中の発表
  ◆第2四半期決算:
   <2220> 亀田製菓
   <2281> プリマ
   <2282> 日ハム
   <4507> 塩野義       ★
   <4523> エーザイ      ★
   <4528> 小野薬
   <4739> CTC
   <5191> 住友理工
   <5703> 日軽金HD
   <6151> 日東工器
   <6368> オルガノ
   <7971> 東リ
   <8566> リコーリース
   <9739> NSW
   など18社
  ◆第3四半期決算:
   <9830> トラスコ中山
 ■引け後発表
  ◆本決算:
   <2551> マルサンアイ [名2]
  ◆第2四半期決算:
   <3132> マクニカ富士
   <3467> アグレ都市
   <3738> ティーガイア
   <4044> セ硝子
   <4091> 日本酸素HD
   <4736> 日本ラッド [JQ]
   <4886> あすか薬HD
   <4968> 荒川化
   <4980> デクセリ
   <5955> ヤマシナ [東2]
   <6186> 一蔵
   <6471> 日精工
   <6762> TDK
   <6806> ヒロセ電
   <6879> イマジカG
   <6924> 岩崎電
   <6971> 京セラ
   <7004> 日立造
   <7018> 内海造 [東2]
   <7214> GMB
   <7298> 八千代工 [JQ]
   <7366> りたりこ
   <7451> 三菱食品
   <7504> 高速
   <7575> 日本ライフL
   <9090> 丸和運機関
   <9878> セキド [東2]
   <9990> サックスバー
   など38社
  ◆第3四半期決算:
   <3681> ブイキューブ    ★
   <4151> 協和キリン
   <4927> ポーラHD
   <5201> AGC
   <7177> GMO-FH [JQ]
   <9768> いであ
   など8社
  合計66社

オンラインサロン メンバー募集中!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる